自動車保険の相場と補償内容

自動車保険の相場と補償内容

自動車保険は契約者の希望に合わせて補償額を設定できます。手厚い補償にすることもできますし、必要最低限の補償を設定することも可能です。補償額を高くしたり、補償内容を充実させたりすると保険料もそれに合わせてアップします。ネット上の広告をみると保険料がとても安いと感じたのに、実際に契約したらそんなことはなかった、と後悔してしまう可能性があります。自動車保険の平均的な相場を確認する場合には補償内容もよく確認しておくことが大切です。

自動車保険の補償の仕組み

自動車保険は基本補償と補償を充実させるための特約という2段階になっています。基本補償は対人、対物補償と車を運転する人及び搭乗者のケガなどを補償する人身傷害補償もしくは搭乗者傷害補償があります。対人補償や対物補償は無制限が主流となっていますが、補償額をあらかじめ定めることも可能です。人身傷害保険や搭乗者傷害保険も補償額を変更できます。補償額が上がると保険料も上がります。

補償を充実させる

基本補償に加えて補償を充実させるために特約などを付帯できます。例えば車の損害を補償するための車両保険、弁護士費用を補償するための弁護士費用特約、車両保険ではカバーされない地震や津波による被害を補償する地震特約などです。自動車保険はオーダーメイドで内容を調整できるため、相場を確認する際には基本となる補償の部分で比較を行うと良いでしょう。特約は基本的にどの損害保険会社でも提供されていますが、保険会社によって特約が提供されていなかっり、補償内容が違ったりすることもあります。

正確な相場を確認するために

自動車保険の正確な相場を確認するためには、複数の自動車保険の見積もりを取ることが大切です。自動車保険の保険料は改定される場合があり、常に一定ではありません。若者の自動車離れが進み、損害保険会社の保険料収入は減少傾向にあります。そのため保険料が上がる可能性もあります。正確な相場を把握するためにも細心の見積もりを取るように心がけましょう。

↑ PAGE TOP