自動車保険の相場は割引率で異なる

自動車保険の相場は割引率で異なる

自動車保険は契約者の公平性を保つために、補償を受けた人とそうでない人との保険料に差を設けています。1年間無事故であれば割引等級が一段階上がり割引率も高くなりますが、事故を起こし保険を利用すると割引等級が3段階ダウンし保険料もその分だけ高くなります。自動車保険には1等級から20等級まであり、等級が上がると保険料の割引率が高くなります。今加入している自動車保険の等級によって保険料は変わってきますから、相場を確認する時には等級についても確かめておくことが大切です。等級は保険証券に記載されています。

新規契約者は6等級から

自動車保険新規で契約すると最初は6等級からスタートします。すでに車を所有していて2台目の車の自動車保険を新規契約する場合には7等級からスタートできる制度もあります。相場を確認する場合には現時点での割引等級で加入した場合の保険料を調べると良いでしょう。自動車保険の広告を見ていると、保険料がこれだけ安くなったというフレーズが強調されているため、割引等級を見落としてしまう可能性があるからです。

同じ等級でも保険料に差がでる

同じ等級でも、保険料は保険会社によって異なります。対面型販売の自動車保険とネット系損保や外資系損保の自動車保険の保険料を比較すると、年間で1万円以上も割安になる場合があります。保険等級が低く、保険料が高いと感じている場合には、ネット系損保や外資系損保の自動車保険と今の自動車保険とを比較してみると良いでしょう。

乗り換えても等級は継続

自動車保険を乗り換えても保険等級はそのまま引き継がれます。交通事故で自動車保険を利用した場合についても同様で、事故あり等級が引き継がれます。もし交通事故を起こしてしまい、事故あり等級が適用されている場合には割引率に注意してください。見積もりを取る際には事故あり等級を適用した状態で確認しましょう。適用しないと保険料が極端に安く見えてしまい、契約の段階で違うことに気づいて失敗してしまう可能性があるからです

↑ PAGE TOP