自動車保険は年齢別で相場が変化する

自動車保険は年齢別で相場が変化する

自動車保険は年齢によって補償内容が変化します。年齢ごとに保険料を細分化することで事故率の少ない人が恩恵を受けられるようになっています。年齢によって補償内容を制限する制度はリスク細分型保険のはしりのようなものです。リスク細分型保険とは契約者や運転者の年齢、免許証の色、車の使用目的などで区分化し、保険料を割り引いたり割増したりする制度のことを指します。リスク細分型保険をうまく活用すれば、補償内容を変えずに保険料を節約できるのです。

年齢ごとに保険料の割引率が異なるワケ

自動車保険は年齢によって相場が変わってきます。例えば免許を取りたての18歳の人が車を運転する場合と、自動車の運転歴が10年を超える人では車の運転技術に差が生じます。統計的に若い人ほど交通事故を起こしやすい傾向があります。それは運転経験が浅く、危険を予知してそれを回避することが難しいからです。年齢ごとに保険料が異なるのはそのためです。つまり事故を起こしやすい年齢層ほど保険料が割高になり、そうでない年齢層ほど保険料が安くなることで公平性を保っているのです。

年齢の区分について

自動車保険の保険料は無事故であれば1年ごとに等級が1段階上がり、保険料が割り引かれます。年齢については1年ごとではなく、あらかじめ定められた年齢区分によって割引率が異なります。最も保険料が高いのは18歳までを含む全年齢担保です。次は21歳未満不担保、26歳未満不担保、30歳未満不担保、35歳未満不担保の順に保険料が割安になります。

年齢ごとの不担保特約を契約する際の注意点

年齢ごとの不担保特約を契約する際には、運転者の年齢に注意が必要です。例えば26歳未満不担保特約の場合、25歳の人が運転すると自動車保険は補償対象外になってしまいます。どの年齢の人が車を運転する可能性があるかを前もって確かめておくことは大切です。年齢による割引の特約は希望する時点で変更できます。お子さんが免許を取得する場合、運転するまでに特約を変更しておけばよいのです。

↑ PAGE TOP