自動車保険料は車種で相場が変わる

自動車保険料は車種で相場が変わる

自動車保険の保険料相場は乗っている車によって異なります。損害保険会社は保険金支払い事例を精査し、保険料を決定します。車種によって保険料が異なるのは、車種によって事故を起こす確率が異なるからです。仮に交通事故を起こしてしまった場合、車種によって事故の大きさが変わることがあります。具体的にはビッグカーであれば事故を起こした場合でも乗員が保護される可能性が高くなる場合や、スポーツカーであれば事故率が高くなるといった点が挙げられます。保険料相場は車種によってどれくらい変化するのでしょうか。

保険料が高くなるケース

自動車保険の保険料が高くなる車種とは事故率が高いタイプです。スポーツカーは運動性能が高い分、無理な運転をしてしまったり、スピードの出しすぎによる事故を起こしてしまったりする可能性が高くなります。過去の交通事故のデータを分析し、事故率が高い車ほど保険料が高くなるように設定されます。死亡事故率が高い車種だと保険料が2割以上も高くなることさえあります。

保険料が安くなるケース

保険料が安くなる車種に含まれるのはファミリーカータイプです。コンパクトカーなども保険料は安く設定されています。これは交通事故率が低いというだけでなく、交通事故に遭った場合でも被害がそれほど大きくならないためです。事故率が低く、衝突安全性能が高いタイプだと保険料が割安になります。車を買い替える場合には、車種を選ぶことで保険料を節約できるのです。

安全性能の進歩とともに保険料も安くなる

車の安全性能は年々進歩しています。衝突時の衝撃をより少なくするためのボディ構造の採用や、ブレーキアシストシステム、横滑り防止装置、アンチロックブレーキシステムなど人間では制御しきれない場面でもテクノロジーが制御してくれる時代になりました。安全技術の進歩により、交通事故が減少しています。そのため安全性能が高い車種ほど保険料が割安になる傾向があるのです。

↑ PAGE TOP