自動車保険の相場より安い自動車保険はどこ?

自動車保険の相場より安い自動車保険はどこ?

自動車保険は保険会社によって補償内容や保険料が異なります。テレビコマーシャルや新聞の折り込み広告などで保険料が安くなるという自動車保険の見出しを見たことがあるかもしれません。相場よりも安い保険料を見て、安くなる分、補償も削られてしまうのではと思うかもしれません。安かろう悪かろうという言葉がありますが、自動車保険も同じではないかと考えることでしょう。本当のところどうなのでしょうか?

保険料が保険会社によって異なるわけ

自動車保険の保険料は純保険料と付加保険料から成り立っています。純保険料とは補償に充てられる保険料部分を指します。付加保険料とは人件費や広告宣伝費など保険会社に支払われる手数料のことです。保険会社によって保険料が異なるのは、付加保険料が割り引かれているからです。付加保険料には人件費が含まれていることを述べましたが、これには代理店への手数料なども含まれています。もし人件費が節約できれば、付加保険料は安くなります。割安な保険料で保険を提供できる場合、人件費をカットしています。

人件費を安くできる理由

カタカナ系損保や外資系損保、ネット系損保は代理店を持たずに保険商品を販売しているところがあります。直販型の自動車保険の場合、代理店手数料が発生しないため、その分の付加保険料をカットすることができ、より割安な保険料で自動車保険を販売できます。ネット系損保の場合、割引率はさらに高くなります。保険料計算だけでなく保険契約もすべてネット上で完結させることで、大手保険会社よりも少ない人数で運営ができます。しかも印刷代などのコストも節約できるので、より安く自動車保険を提供できるのです。

相場よりも安いのはどの自動車保険か

人件費を割安にできることで保険料が安くなりますが、他にもリスク細分型自動車保険ならさらに保険料を節約できます。年齢、家族構成、使用目的、走行距離などによって保険料が異なる保険です。通販型でかつリスク細分型を採用している自動車保険がねらい目と言えるでしょう。

↑ PAGE TOP